住宅ローンの支払いが滞ったら

収入の激減など、住宅ローンの返済が厳しくなる状況に陥ることは考えられます。そういった場合は、まずお金を借りている金融機関に相談してみることが大切です。場合によっては、救済措置を提案されることもあります。

任意売却で処分しよう【住宅ローンの返済で困っているなら】

家とお金

任意売却と差し押さえの違い

住宅ローンの返済が困難になり、滞納を重ねると、金融機関は、担保となっている不動産を競売などに掛け、債権回収にあてようとします。この時、金融機関や保証会社の許可があれば、所有者の意志で不動産を一般売却することができます。これを任意売却と言います。差し押さえられて競売に掛けられるよりも、任意売却をした方が、市場価格に近い価格で売ることが出来るため、競売よりも高い価格で売ることができます。このため、債権者にもメリットがあるので、有効な手段となっています。

不動産買取の流れ

住宅模型とお金

まずは不動産会社を探す

購入時同様、不動産を買い取ってもらう場合も、まずは査定してもらう不動産会社を選ぶことから始めます。今はインターネットからの一括査定サービスなどもあります。査定額は不動産会社によって変わってくるので、しっかりと取引できる会社を選ぶことが大切です。

査定後、買取金額の決定

対象物件の査定を行ってもらい査定額を出してもらいます。足元を見られないように相場価格はしっかりチェックしておくことが大切です。査定額に納得出来たら売買契約に進みます。

売買契約書の締結を行う

売買金額が決定し、引き渡しの条件確認などが済んだら、売買契約を交わすことになります。契約内容を確認し、契約書に署名捺印し、手付金を受け取ります。

入金確認後、引き渡しを行う

引き渡し時に、売買金額の残金を受け取ることになります。当日は、司法書士に入ってもらい、手続きを済ませ、鍵を渡して物件を引き渡して取引の完了となります。