不動産会社のサービス内容

不動産を購入しようと思ったら、まず不動産会社に相談することが近道です。不動産会社は、家探しから家の引き渡しまでしっかりサポートしてくれます。融資や税金などの金銭面の相談にも乗ってもらえるので心強い味方になってもらえます。

大手不動産会社と地域密着型不動産会社の違い

物件数が多い大手不動産会社

大手不動産会社のメリットと言えば、何と言っても物件数が豊富なことです。支店が多いことで、カバーしている地域も広く、広い目で物件を探しやすいです。また、大手の強みとして、大手ポイント会社と連携していることもあり、お得な場合もあります。

地域密着型は地元情報に強い

地域密着型不動産会社の強みは、何と言っても地元の情報が良く集まっているということです。不動産を購入する際、立地条件などもそうですが、その土地に住んでみないと分からない行政情報等も重要な判断要素となり、そういった情報を握っている可能性が高いです。

不動産会社選びは慎重に行おう

不動産購入は、生涯で一、二位を争う高額な買い物となります。下手な買い物となってしまうと、将来的に後悔したり、将来設計に傷がつく結果になってしまったりすることもあります。信頼できる不動産会社に仲介に入ってもらうことが大切です。

住宅展示場でチェックしておきたい事ランキング

部屋
no.1

ある程度自分好みのハウスメーカーを絞り込んでおく

住宅展示場には何棟もモデルハウスがならんでいるので、たくさん見て回りたいと思ってしまいがちですが、キリがありません。チラシやCMなどである程度気になるハウスメーカーを絞り込んでからの方が効率がいいです。

no.2

信頼できそうな営業マンかチェックしておく

展示場で担当した営業マンがその後も家づくりの担当をするというハウスメーカーや工務店が多いです。その為、自分と相性の合いそうな営業マンか、見ておくことも大切です。

no.3

質問は目に見えない部分も聞いてみる

これから担当してもらうかもしれない営業の方の知識量を確認するという面でも、モデルハウス以外のことでも、業界の情報に精通しているかどうか、いろいろな質問をしてみるというのも有効です。

no.4

立って部屋を眺めるだけでなく、生活している視点で見る

モデルハウスを見る場合は、自分が生活している視点から部屋を見てみる事が大切です。立って流し見するだけでなく、ソファーに座って見て部屋の距離感を掴んでみるという視点も大切です。

no.5

どれがオプションかを把握する

モデルハウスというところは、少しでも良い印象を持ってもらう為に、標準設定ではできないオプションも沢山盛り込んでいます。どれがオプションになるのか、しっかり把握したうえで価格を考慮し検討するようにしましょう。

住宅展示場へ足を運ぼう【効率よく不動産選びをしよう】

男女

住宅展示場見学の流れ

住宅展示場に着いたら、まずは受付でアンケートを書く流れになります。アンケートに答えると、粗品をもらえることも多くお得です。その後、自分の気になるモデルハウスに行き、ハウスメーカーの営業の方から説明を受ける形になります。内覧が一通り終わると、気になった点を相談し、終了となります。他にも気になるモデルハウスがあれば、何件でも回ることは出来るので、時間の許す限り見て回ることができます。

男女

戸建て住宅のメリットとは

マンションにはない戸建てのメリットとしては、階下や隣室の住人への迷惑を考える必要がないことが挙げられます。もちろん近所迷惑は考えなくてはいけませんが、マンション程騒音を気にしなくていいということはメリットです。また、資産という観点からは、建物が古くなっても、土地としての資産価値があるという点も挙げられます。